Home > スポンサー広告 > まずは、ジョードブル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/109-7ce0304c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > まずは、ジョードブル

Home > 2.インド(ラジャスターンとか) > まずは、ジョードブル

まずは、ジョードブル

1牛]

リシュケシュからジョードブルにやって来ました♪

念願のラジャスターン入りです

ラジャスターンの州都ジャイプルからさらに西へ約300KM 
広大なタール砂漠の入口にある町がジョードブルです

1947年のインド独立後はジャイプールに次ぐラジャスターン州第二の都市

砂漠と言うので乾燥を覚悟していましたが
全然大丈夫でしたよ♪

まぁ日差しは強く、暑かったけどねぇ~

 ジョードブル、
     ブルーシティーと言えば分かる人も多いでしょうか
2城壁]


1475年にラートール家(ラージプートの一族)の王ジョーダが
マールワール三国の首都として造ったこの町は 長さ10kmもの城壁に囲まれている
砂漠特有の強い日差しの下 町を見下してそびえる城壁が印象的

メヘラーンガル(Meherangarh For)と呼ばれるインド有数の城壁だ

ここから旧市街を見下ろすと、ほとんどの建物がに統一されていることに気づく
                      (地球の歩き方より)

3青]


ここはインドなの??って思った位
旧市街の中は、中東の様な雰囲気が漂っていた。。。

なんだか懐かしい感じだ(以前中東に行ったので)

4中東]


青で統一されたインディゴブルーは 
夏に涼しく、虫除けにもなるんだって♪


家をブルーに塗ることは、今では誰にも許されるが、昔はそうではなかったらしいよ



旧市街は風情があるが、新市街は全く面白味がなかった
旧市街が魅力的なのは、どの国でも同じだね

あの迷路のような町は、
   タイムスリップしたかの様な錯覚に陥る


 旧市街って本当に素敵だなぁ~

宿から見えた夜景も綺麗だった♪

何故か、いつものインドの土産屋も
 中東雑貨に見えるから不思議だ 笑
5omiyage]


ただ残念なのが ご飯だった
大抵のゲストハウスの屋上にはレストランが併設されているが
味はどれも とても残念な味だった
 (インドで満足を求める方が 無理ってもんかしら?)


ただ唯一美味しかったのは、
歩き方にもかいてある オムレツ屋
6omuretu]


Omelette Shop
マサラチーズオムレス
(トーストサンド 2枚入り)

 これは まぢ上手かったぜぃ!!


ジョードブルの観光名所は次回に続く


■移動情報
リシュケシュ→ハリドワール バス23Rs 50分
ハリドワール→ジョードブル 列車 SL 442Rs(代理店通す)12h
 ※ハリドワールはホームが2ヶ所あるので注意

ジョードブル駅→宿(ヒルビュー) リキシャ2人50Rs
 ※時計塔まで30Rs

リシュケシュからラジャスターン入りは
ハリドワールからジャイサルメールまでの列車は無かったので
ハリドワールからジョードブルまでにしました。
 (ジョードブルからジャイサルメールは往復バス移動)


Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/109-7ce0304c
Listed below are links to weblogs that reference
まずは、ジョードブル from バックパッカーに挑戦だい

Home > 2.インド(ラジャスターンとか) > まずは、ジョードブル

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。