Home > スポンサー広告 > タイ山岳少数民族

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/163-d045b706
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > タイ山岳少数民族

Home > 7.またまたタイ > タイ山岳少数民族

タイ山岳少数民族

DSCF0095.jpg

写真はチェンダオに住む少数民族さんです♪

 タイやラオスに行って 

   民族雑貨や少数民族さん達と接する機会もあり


今まで 全く興味なかった民族の


   も~すっかり とりこ。。。

     

DSCF9735.jpg

全く興味のなかった民族雑貨

 だんだん洗脳?笑 されてきて

始めはカバンにはじまり、最後の方は民族衣装を買っては着ていた あたし

   あーかわいい♪ かわいすぎる♪



DSCF0326.jpg

 写真はチェンマイにある モンマーケット


生地も沢山売っているの
 
買い付けに来ている人も多いよぉ~


チェンマイでは、サンデーマーケットとかで民族雑貨が沢山売られているけど
モンマーケットの方が 種類も豊富で 安いんだ♪


で、どうせなら 自分で布かってアレンジ
DSCF9915.jpg

 無地のタイパンを買って、縫い付けるだけ

DSCF9916.jpg

かんたぁ~ん!!

DSCF9917.jpg

絶対自分で作った方が 好みのモノが仕上がっていいよね~

一から作るほどの腕はないので、
無地のカバンとか服にちょっとポイントでつけるだけなら
簡単だし すぐ作れる♪

 ます ます 民族雑貨に興味がわいてきた あたし


布探しって まぢ楽しい♪

 出来上がっているモノより 布から色々想像して

あー こんなん作ろう

   あんなん作りたい!!とかね~

DSCF0372.jpg

タバコケースを作ってみた♪

今まで、裁縫あんまりした事ないしぃ

下手だしぃ たいそうなモノは作れないけど・・・

  なんだか モノ作りの楽しさを覚えてしまった♪


DSCF0338.jpg

DSCF0337.jpg

民族が大好きな友人達♪

買付けをしてきた友人の雑貨を見て

 みんなで かわいい かわいい を連発していた 笑


あたしのまわり 民族大好きな人達ばかりだもんなぁ~

  そりゃ~ あたし影響されるってもんだわ

それにしても、アンティーク物は
           刺繍のクオリティーが高いの

DSCF0051.jpg

トップの写真でも使ったけど

チェンダオで仲良くなった 民族さん達


 あたしが興味あるのは 雑貨や服だけじゃ~ない


少数民族の村を訪ねるのも めっちゃ好き♪

言葉は通じないけど、本当にみんな 優しくって親切で


DSCF0093.jpg

 民族衣装を着せてもらった♪


今もなお伝統的な習慣や文化を守る!!

 守り続けてほしい・・・



タイ山岳民族の現状をちょっと

山岳少数民族の人達は
長い間、平地に住むタイ人との文化や習慣の違いなどから強い差別や偏見にさらされてきました。

元は、チベットから中国の雲南地方にかけて居住していたが
100年前から、政治的、または多民族との対立の問題などから
ビルマ、ラオスを経由してタイ国内へと移住

現状として、山岳民族の約4割が「暫定的な滞在者」として正式なタイ国籍を認められておらず、
他県や他市への移動も禁止されいる。

「無国籍」ということになるのです


かつて、山岳少数民族は山地にて、農業に勤しみ、自給自足の生活を行ってきた。
伝統的焼畑農業に伴う5年から10数年ごとの集落移動を繰り返しながら、
特に土地の所有権を求める事もなく調和の中で生活してきました。

しかし、タイ政府による森林保護政策により、
森林の伐採、焼畑が禁止され、定住を余儀なくされた彼らは
自給的な農業が出来なく
生活の基盤を根こそぎ失いつつあります。

   肥沃な土地に移動する事も許されず、貧困に苦しんでいる!!


この事から
少数民族は居住地、国籍、教育、さらに麻薬、売春、などの多くの問題を抱えているのです。



 自給自足で成り立っていた昔から

  今や、「お金」が必要不可欠となってしまった。。。。



タイには10種以上の山岳少数民族が住んでいる
主な民族は


カレン族
タイ北部の少数民族の中で人口が一番多い
200年以上前にビルマから移動してきた人々で、ビルマ領内にはさらに多数のカレン族いる

ラフ族
ミャンマーとの国境沿いに多く住む
チベット高原から数世紀経て、中国 ミャンマー タイへと移住してきたと言われている

モン族
「モン」には2種類あって
Mongと表記するモン族は タイ人がやって来る以前に
チャオプラヤ河周辺に住んでいた先住民族で、モンクメール族の方。

北部の山地少数民族のモン族の方は、中国南部から移住してきた人々
アヘンの原料になるケシの栽培を中国から伝えたと言われている

ヤオ族
チェンライ パヤオ ナンの3県に点在
約60年前に中国からラオス経由で南下してきた一番新しいグループ
肌も白く、生活様式も中国に近い

リス族
チベット方面から過去60年くらいの間に移り住んできた人々と言われる
男女とも背が高く すらりとしていて ハンサムとされる


アカ族
彼らの起源はチベット高原だと言われている
ビルマを経て20世紀初頭からタイ国へ移住するようになり、
いまでは北部の山岳地帯に300余りの村があります


少数民族の素敵な衣装の写真があるサイトをみつけました。
タイ北部山岳少数民族ギャラリー




ただかわいい
 
  それで興味を持った民族雑貨



それらには 民族の哲学が練りこまれ

 母から子へと受け継がれ


そして 民族の人達が抱える現状




  さまざまな思いが 沢山つまっているんだと


    あたしは 恥ずかしながら 今更知ったのでした。













Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/163-d045b706
Listed below are links to weblogs that reference
タイ山岳少数民族 from バックパッカーに挑戦だい

Home > 7.またまたタイ > タイ山岳少数民族

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。