Home > スポンサー広告 > Le 14 juillet (Le quatorze juillet)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/182-3d6bd504
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > Le 14 juillet (Le quatorze juillet)

Home > フランス(パリ) > Le 14 juillet (Le quatorze juillet)

Le 14 juillet (Le quatorze juillet)

DSCF6738_20110816181943.jpg

2009年のパリの旅行記を 2011年夏

 重たい腰をあげ、やっと書く

なんで今更??

 どうしても紹介したかった。

7月14日は、是非おフランスへGO!!
DSCF6490.jpg

7月14日は、パリ市民たちがバスティーユ監獄を占拠し、
収容されていた国事犯たちを解放した日。

1789年の出来事

これがきっかけとなり、
フランス革命が起こり絶対王政に終止符が打たれた。


 日本ではパリ祭とも呼ばれる
 
フランスの革命記念日

フランスでは、シンプルに日付を呼ぶだけ

    Le 14 juillet (Le quatorze juillet)
        ル キャトールズ(またはカトールズ) ジュイエ


a0116772_1814417.jpg

くわしくはこちらをクリック


午前は、軍事パレード 8時45分~


軍楽隊の奏でるマーチに合わせて、戦車や騎兵隊、士官学校、
フランスで一番人気の消防隊、外人部隊などの行進が 、

凱旋門からコンコルド広場まで続くんだ!!

DSCF6215.jpg

まぁ、想像出来るでしょうが、兎に角すごい人ごみです!!
(早くいかないと、メトロの駅が封鎖されます)


笑顔で手を振りながら通り過ぎるプレジドン・サルコジ

   見える訳もなく 涙

楽しみにしていた、フランス空軍機 青・白・赤の三色の煙
 
 トリコロールカラー

  見逃した残念なあたし 涙


サルコジ大統領と、外国からの要人が自動車でシャンゼリゼからコンコルドまでを走り、
陸海空と総勢450名の軍隊が、ユニフォーム姿でシャンゼリゼ大通りを行進。

DSCF6402.jpg
軍事ヘリコプターが、凄い音で飛び去っていき

DSCF6247.jpg
このパレードはTVで生中継され

DSCF6288.jpg
フランスでは警察官より断然消防士の方が尊敬されている♪



最後尾はいつも フランス外人部隊


  観衆の拍手が、ひと際大きい!!

DSCF6335.jpg

それにしても、あたしは戦車マニアかっ!!

って言う位、色んな種類の戦車の写真が撮れた!!


落ち着いて考えると、なんか凄いパレードだよね~
日本で同じパレードが果たして可能だろうか??

 ありえない!!

改めて、フランスは軍事国家なんだなぁ~と


最後はヘリコプターからパラシュート部隊が、コンコルド広場に向けてダイブ!
DSCF6498.jpg

実は、バックパッカーに挑戦だい1で出会った旅友が、
元フランス外人部隊のパラシュート部隊だったんだ♪

今回のこのお祭りも、彼に教えてもらって
現役の友人も紹介してもらって、いっぱいいっぱいお世話になった♪


この日は各場所で色んな催しがあるようです。


私はピクニックにいった。



21時過ぎ 花火を近くで見たいので エッフェル塔へ

今回は、革命220周年に加え、エッフェル塔の120才を祝う花火大会が開催された。


そこでは既に
 国民的大ロックスターJohnny Hallydayの無料コンサートが!!

    人 人 人

でも、あたしって小さいから特よねぇ~

 優しいフランスの方々が、見えやすい場所を譲ってくれた♪


22時45分 空がうっすら暗くなり始めた


エッフェル塔がねじれてる!!

何?
何がおこっているだ!!

初めは理解が出来なかった。。。

落ち着いて考えると
エッフェル塔に映像を映しているんだね♪


ざっとした流れ
エッフェル塔に、ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」が
音楽がフランスの国家「ラ・マルセイエーズ」にかわり、大合唱!!

花火が打上がりだす

DSC07676.jpg

革命 第1次世界大戦 ヒッピーの時代など

 エッフェル塔が見てきただろう時代が、うつりかわる。。。


そしてカウントダウン

エッフェル塔の明かりが消え、塔の建設が始まった1885年の文字が浮かび、
塔の足元から少しずつ建設されていく様子が映しだされる。

2009年
Joyeux anniversaire

エッフェル塔120歳おめでとう!!

その時の動画がこちら→動画

フランスの花火なんて、対した事ないと思っていた。

いやぁ~やられました!!

花火、映像、音楽のコラボ
粋だね~、おやれだね~フランス人わ!!
DSC07668.jpg

エッフェル塔のサイドから、バンバン花火が打ち上げられたり、
(塔自体に花火が仕掛けられているようです)

タイのスコータイ(ロイクラトン)の花火も凄かったけど、

 海外の花火って、これでもかっ!!って位 打ち上げてくるねぇ~ 笑


花火だけ考えると、日本の花火の方が風情があって好き。


ただ、やはり海外ってスケールが半端ない!!

今回はエッフェル塔120周年なので更に華やかだったみたいです。



エッフェル塔をバックに打ち上がる花火は


本当に感動、感動で、フランスならではの演出だった。



 動画や、写真じゃ~伝えられないので

本当に是非、是非7月14日は、パリへ
14juillet14.jpg
ネットでこんな写真見つけました。


そして
まだ、まだ祭りは終わらない!!


花火も終わり

 次は ポンピエ

 ポンピエ(消防署)へ革命記念日恒例のダンス・パーティーへ

前夜祭として消防士たちがダンス・チーム (bals du 14 juillet) を組んで市民に披露するらしい


私は、革命記念日のパーティーへ
外人部隊の友人の顔パスで 無料で入れた♪

DSC07698.jpg

そこは、まるで海外ドラマの1シーンの様



 朝の4時まで、声がガラガラになる程はしゃいだ ♪




   すごーく思い出に残っている 7月14日でした 。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/182-3d6bd504
Listed below are links to weblogs that reference
Le 14 juillet (Le quatorze juillet) from バックパッカーに挑戦だい

Home > フランス(パリ) > Le 14 juillet (Le quatorze juillet)

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。