Home > スポンサー広告 > 九寨溝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/194-54cfe65b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > 九寨溝

Home > 1.中国 > 九寨溝

九寨溝

  • Posted by: shinobububu
  • 2011-09-09 Fri 14:38:50
  • 1.中国
五彩池
                                          写真:五彩池

九寨溝は、成都の北約450m、
四川省最北部に位置するアバチチベット族チャン族自治州(チベット族とチャン族の自治州)


ちなみに、
チャン族は、中華人民共和国の少数民族のひとつで
チベット族は、主としてユーラシア大陸中央部のチベット高原上に分布するモンゴロイド系の民族です。



九寨溝の写真をみて
なんだこの青さわ!!

 って、めちゃくちゃ気になり、行って見る事にした♪

DSC_8449.jpg


岷山山脈に連なる標高2000~4500mの山に囲まれている九寨溝国家級風景名勝区

住民以外立ち入る事も稀な地域だったが、
1970年代に森林伐採の労働者によって(元々居住していたチベット人以外に)偶然に発見されたんだって♪

1992年黄龍と同時にユネスコの世界遺産(自然)に登録


DSC_8482.jpg


その名は、9つのチベット族の村(山寨)があったことからつけられたと言う。

DSC_8469.jpg

あたしの大好きなマニ車が沢山あった♪


少し調べて見ると、実はこの地域はチベット仏教よりもボン教が盛んみたい
ボン教だと「マニ車」は「マシモ車」
 ※ボン教の説明は一番下に記載

マシモ車を回す方向は、チベット仏教とは反対の反時計回り

九寨溝内にある寺院「扎如寺」もボン教寺院で、その他の宗教施設もすべてボン教のもの
祈祷旗であるタルチョーも各所で見られるがボン教のタルチョーなんだよぉ~

知らなかった!! 色々あるんだねぇ~


DSC_8618.jpg

有料入場エリア内にも数多くのチベット族の集落があり、実際に生活している
でも、観光地化されていて残念な感じだった 涙

DSC_8627.jpg

お土産屋さんって感じでした。
この様な集落が数箇所あったけど見る気がおこらず


DSC_8510.jpg

樹正溝、日則溝、則査窪溝という3つの峡谷を中心に4つのエリアに区分され、
100を超える湖や、湿地、滝などが点在している。

かなり広いので1日がかりの観光です

で、九寨溝といえば 

老虎海
                                      写真:老虎海

何故こんなに青い色をしているんだろう?

誰もが疑問に思うのでわ??
少し調べてみた。
青い水の理由は一般に水中に溶け込んでいる石灰分(炭酸カルシウム)の影響であるとか、
湖底の苔によるとか、光の屈折率によるものなどとよく言われる
九寨溝の水は透明度が高い。 水は、可視光のうち、長波長の 成分(赤い光)を吸収するため、
湖底で反射した光のうちから 青い光だけが眼に届く ようになる。結果として青い水に見える


詳しくはこちらwikipedia

五花海

380942_260429030674476_100001221440111_849752_872249858_n[1]

五花海2
                               写真:五花海

DSC_8585.jpg

九寨溝の独特の景観は地殻変動や氷河による侵食、火山活動などによって生み出されたもので、
その完成までは長い時間を必要とした。現在も残る湖は、氷河の消失(4000年ほど前)によって
生まれた「海子」という堰止め湖の一種

※堰止湖(せきとめこ)は、山体の崩落や地震、火山噴火などの現象で、海流の影響で運ばれた、
土砂などにより、永続的に形成された湖沼のこと。
また、河川のみならず、既存の海域、湾を堰き止めて湖にする物もある。

298846_260429597341086_100001221440111_849758_1788984276_n[1]

あ~ちんたら書いてしまったけど、九寨溝の感想と言えば

 なんだか不自然な青さ

中国だけに、怪しくみえちゃう 笑

ブルーシート下に敷いているかも?と冗談で笑うほど


パッカーの感想は、真っ二つ 「めっちゃ良かった」「行く必要なし」

それは、移動費や入場料の高さも関係してくるんだろう


  私の感想は決して「めっちゃ良かった」とは言えない


それでも私は、オススメします九寨溝

あの不自然なまでのさを、是非自身の目で!!

DSC_8499.jpg

民族衣装とか、着れちゃいますよっ♪ 20元

389848_260428277341218_100001221440111_849746_384159401_n[1]
中国人の女のこ達といっしょに♪

■移動情報や、マメ情報
・移動
成都からバスで約10時間 
成都→九寨溝141元 九寨溝→成都138元
※松潘のホーストレッキングもいいみたいですよ(成都→九寨溝→黄龍→松潘→成都って言うコースもイイネ)
※成田→成都全日空直行有り 成都→九寨溝では国内線で移動なんていうのも 楽ちん♪

・入場料 
220元+バス90元(バス必要) ※シーズン価格


これが噂のニイハオトイレ
DSC_8413.jpg
長距離のバス移動ですが、トイレ休憩は多いので安心
ただし、すべてニイハオトイレ(1元) 
 
タイプは様々ですが、まぁどれも凄いですよぉ 笑
若い子も全く恥ずかしくなさそうで、トイレ待ちが外に並ぶんじゃなく、
トイレをしている目の前で並んでいる!!
   とても、落ち着いて出来ません。文化の違いをしみじみ
※九寨溝内は個室トイレ


DSC_8595.jpg
九寨溝のランチはビュッフェが60元、98元、138元
あたしは、貧乏にもかかわらずリッチに98元のビュッフェ
お味は、金額に合わない残念な味(オススメしません 涙)
※カップラーメンの持込ですが、現在お湯は有料(10元)らしいので、
九寨溝で購入する方がいいみたいですヨ。


・その他簡単なマメ情報
紅葉の時期が凄く綺麗らしいが、中国人も殺到するので凄い事になっているらしいです。
紅葉の時期はさけた方がいいと聞きました。

マップを貰えるので、地図がない人は貰いましょう。
始めに、終点まで行って下りながら見るのがいいと思います。(バスで約30分)
バスの方面が書いてあるので、それを確認してから乗りましょう。

あたしの行った9月上旬は朝はかなり冷えるので、長袖のはおり必要

バスを使わず、歩いて周るのはほぼ無理だと思います。



ボン教
チベット仏教を、いやチベット文化を語る上でボン教に触れないわけにいかない。
ボン教は仏教が伝わる以前からチベットにあった民間信仰の集大成のようなもの。
現在こそチベットは仏教にどっぷり浸かっているが、もとはといえば仏教は輸入もの
ボン教こそがチベット民族固有の宗教なのだ。
ボン教は、西チベットのカイラス山の開祖シェンラブ・ミウォが降りてきて
伝えたものーという事になっている。
自然神や地母神などのへの信仰と、呪術や祈祷をおこなうシャーマニズムがボン教の特徴。
チベットに仏教が入ってくると、ボン教は勢いを失い、チベットは仏教国になった。
しかし、もともとが民間信仰なだけけに、その影響は根強く、
祭りや儀礼の中にボン教の要素が色濃く残っている。

ただし、現在の宗派としてボン教は仏教に対抗して教義などを整え、
仏教とさほど区別のできないものになっている

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/194-54cfe65b
Listed below are links to weblogs that reference
九寨溝 from バックパッカーに挑戦だい

Home > 1.中国 > 九寨溝

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。