Home > スポンサー広告 > タヴァン村(サパ) 黒モン族

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/211-6ce5bfd6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > タヴァン村(サパ) 黒モン族

Home > 2.ベトナム > タヴァン村(サパ) 黒モン族

タヴァン村(サパ) 黒モン族

DSCF1285.jpg

 これまた Sさんの友人の黒モン族のおうちに

          おじゃましました♪


お家訪問、だぁ~い好き♪
DSCF1307.jpg


タヴァン村の少し先に、今回おじゃました家はあった。

サパ周辺の村には、トレッキングなどで訪れるのが一般的だが、

民族の方達と仲良くなると、おうちに招待してくれる事も多いようだ。


  この日は、朝から雲行きが怪しく 中止に一旦は決めたが、

  やっぱり行こうって事になり、GO!!


バイク4台で連なっていったら、途中から かなりの雨にヤラレテしまった 涙

  家に入ると、焚き火があって

  完全復活!!

   ごはんも ご馳走になって


こういう時、頭に思い浮かぶのは 間違いなく ウルルンだよねぇ~ 笑
   
   まさしく そんな感じだった。。。。


DSCF1287.jpg
 
  怪しいのんじゃ~ありません

    タバコです♪

DSCF1289.jpg

 このおうちは、シャーマンなんだって

写真は、シャーマンの祭壇(サパの博物館にもこれと同じものがあったなぁ~)


DSCF1290.jpg


今回も、興味津々のSさん♪



ちなみに、あたしは 黒モン族の衣装が一番好き!!

モン族の衣装
袖口に刺繍が入った藍色シャツに、
スカート、ソックスを着用。
光沢のあるベストを着用する者もいる。
髪を束ね、筒状の帽子をかぶるのも特徴



藍と共に生きる、
  一徹な染めの職人

 オススメサイト→ベトナムスケッチ

この民族衣装、まぢかっこいい!!
サパの市場で、いい値が10$だよぉ~
どんなに、買おうとまよったか?
  (ただ、どこできるんだ? 笑、と正気に戻った私であ~る)


DSCF1298.jpg

 珍しい? 核家族の家にもおじゃま



短い時間でしたが、おうちでまったりさせてもらって

  ご飯も美味しかったぁ~


  よくなるパターンの、お酒の一揆呑み♪

   これをなんとなぁーく交わしていた時の、彼らのリアクションが面白かった♪



ずぶぬれの中で乗るバイクも

   なんだか 面白かったしぃ~



あら、サパ

    毎日が楽しいわぁ~♪


モン族大好き♪


 アジアを旅しているよ、よく耳にするモン族

素敵な民族衣装、素敵な笑顔


その笑顔の裏には迫害にも負けず、

   その民族のアイデンティティを守り抜く強さがある。


Sさんから、ベトナム戦争の頃は、モン族はスパイとして利用されたと聞き、

少し調べてみた、下記は、インターネットからの抜粋です。


ベトナム戦争中、当時の北ベトナムが、南ベトナムで戦う「解放民族戦線」に、
物資を輸送したルート「ホー・チ・ミン・ルート」
米国はラオス国内を走るその「ホー・チ・ミン・ルート」をたたくため、
ラオスに住むモン族を、高い報酬で雇った。

そしてモン特殊部隊は、アメリカ軍の先兵として北ベトナム軍や
ラオス愛国戦線(パテト・ラオ)と戦うことになった。
しかも敵方の北ベトナム軍やラオス愛国戦線の中にもモン族が居たため、同族同士が殺し合う悲劇ともなった。

アメリカ側の戦況が悪化してアメリカ軍の撤退が始まると、アメリカ軍はモン特殊部隊を見捨てた。
その結果北ベトナム軍の報復攻撃も含め合計20万人ものモン族が戦死したと言う。アメリカ軍のベトナム戦争による戦死者はモン族の1/4の5万8千人である。
戦争が終わってからもモン族の悲劇は続く、
北ベトナム軍やラオス愛国戦線と戦ったモン族は帰る地がなくなり、
タイに難民キャンプが作られ30万人ほどのモン族が一時そこで暮らした。
現在ではこの難民キャンプは閉鎖されたが、一部のモン族(10数万人)がアメリカに渡ったと言う。


元々モン族は中国の雲南省辺りで暮らしていたが、漢民族に支配されることを嫌い、
漢民族の迫害を受けて中国からベトナムやラオスを南下し、
その移動途中で不便な山谷(即ち安全な場所)に分派して彼らの村を作りながら、
タイには19世紀に移り住んだと言われる。

定住の地を持たず、他民族に追われ、戦火に巻き込まれ、安住の地を求めて移動を繰り返して来た民族である。


   民族問題

テレビとかで、たまに耳にするけど、

こうやって、普通におじゃまして、笑って、一緒にご飯食べて

そして初めて、TVの問題が身近に感じたりもする。

  
  初めから、知っている事も重要だ

  でも、全く知らなくっても、後から知ってもいいんじゃない


大なり、小なり、みんな

   様々な思いを抱え生きている。



    だから、思いやっていく事は必要なんだと



とてもシンプルなこと
   


モン族
シャーマンと言えば、この映画を思い出すのは私だけ??
こちらもかなり好きな映画(オススメ)


Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/211-6ce5bfd6
Listed below are links to weblogs that reference
タヴァン村(サパ) 黒モン族 from バックパッカーに挑戦だい

Home > 2.ベトナム > タヴァン村(サパ) 黒モン族

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。