Home > スポンサー広告 > アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/22-66fb4129
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル

Home > 4.ヨルダン > アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル

アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル

OiFiYxE6.jpg

ヨルダンを旅する人なら必ず聞いた事がある有名人

  サーメル
この人が何者なのか、それは他の人のブログを参考にして下さい。 笑

私がヨルダンにいった2008/12/22 サーメルは

 マンスール(別名コーダホテル)にいた。



マンスール ツイン/1人あたり3.5JD(ドミも同じ金額) 情報ノートあり 簡単な自炊OK
 


サーメルは噂通り、ネスカフェを入れてくれて、

この人がどれだけ素晴らしい人かは、英語が分からない私にはよくわかんなかったけど、

ツリーで出会った旅ともR君は、絶賛していたので

    きっと良い人なんだろう 笑


ここも情報ノート目当てか、サーメル目当てか 日本人が沢山いた。

 
ツリーの旅ともに再会できたり、

皆でご飯食べにいったり、楽しかったなぁ~



ケバブ三昧で泣きそうになってた私だったが、

アンマンでは、久しぶりに食に満足が出来きた。

エルサレム食堂に、美味しいファラフェル屋(私は違う具材だけど)

果物やケーキとかも食べたりねぇ~

Picジュ


 住み心地はよかったものの



          物価が 物価が高いんだよねぇ~



中東を旅するなら、是非読んでほしい1冊

イスラームの国々では、男と女はどのように裸体を絡ませ合っているのだろう―。
「性」という視点からかの世界を見つめれば、そこには、性欲を持て余して戒律から外れる男女がいて、
寺院の裏には神から見放された少女売春婦までがいる。
東南アジアから中東まで旅し、土地の人々とともに暮らし、
体感したあの宗教と社会の現実。戦争報道では分からない、もう一つのイスラーム報告。



Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/22-66fb4129
Listed below are links to weblogs that reference
アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル from バックパッカーに挑戦だい

Home > 4.ヨルダン > アンマン・ネスカフェで検索→するとサーメル

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。