Home > スポンサー広告 > サガダに行こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/235-20994fb9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > サガダに行こう

Home > 5.フィリピン > サガダに行こう

サガダに行こう

DSCF2258.jpg

ダサイ写真になってしまった 笑

はい、こちら 学校の皆様、大絶賛のケイブツアーの写真

本当は、バナウェへ行くつもりが、そろいもそろってサガダがオモロイっていうもんだから

女2人男7名 ひとり急病 合計9人の大所帯で行ってきやした♪
DSCF2231.jpg

ボントックの西約19kmの所に位置するサガダは、標高1500mの山間にある小さな町
長距離用を除いて、町の中ではジプニーやトライシクルの往来はなく
町全体にのどかな雰囲気が漂っている。
一方で、サガダは欧米人のバックパッカーを中心とした旅行者がよく訪れる所でもある。
周辺には見所が多く、特にハンギング・コフィンHanging Coffins
と呼ばれる死者が埋葬されている洞窟郡は有名。
ハイキングをしながら観光スポット巡りをしてみるといいだろう
            地球の歩き方より



町はこじんまりとして、のどかだ
DSCF2196.jpg

靴下を履いた犬 笑

かわいいっしょ♪

DSCF2218.jpg

そうサガダ この時は12月なんだけど

  めっちゃ寒かった!!


鳥さん達も、寒いからか真ん中に入ろうと永遠グルグルやりあってた 笑

 かわいすぎ

DSCF2199.jpg

こーゆのんみると、つい撮ってしまう 笑



いったい何??

わからん。。。



で、ごはんは歩き方に掲載されているヨーグルトハウス
が、雰囲気があってよかったです

DSCF2206.jpg

味は、マズイ

じゃー書くなってつっこみ入りそうですが、

いやぁ~フィリピン

  全体的に何処もマズイ。。。んですよねぇ~ 噂には聞いてましたが・・・

DSCF2207.jpg

でも、このヨーグルトは美味かった♪

ただ、くどくてあたしは残しましたが・・・

   どっちやねん!!


ヤバイ変な方向にいってる 汗


はい、冒頭にもかきました

 学校のみんなオススメのケイブツアーに入ります!!


洞窟内のツアーには 必ずガイドが必要
観光案内所もしくは、宿の人からも声がかかります

【参考価格】
2時間コース 400~500ペソ
4時間コース 800ペソ


【アドバイス】
あたしは、2時間コース送迎込で290ペソ
  でも実際は1時間ちょっとだった

男性達は、2時~4時間コースで、実質2時間強

前回行った学校の子達は、2時間コースで十分ハードと言っていたが、
あたしが行った2時間コースは、少し物足りない感じ、
で、男性人が申込んだ4時間コースが、
前回いった子達の2時間コースと同じ内容だったみたいなので、(金額も同じ)
その辺りは確認してみて下さい。
入口と出口が別ならOK


【送迎】
往復の送迎をきかれるが、明るいうちなら歩きでもいいと思う
車5分 徒歩30分~40分

【持ち物】
濡れます半ズボンがベスト
泳ぎたければ可能、その場合水着着用
足が濡れるのでサンダル(滑りやすいので注意)
出来るだけ身軽に♪
ガイドさんがランプを持っているけど、懐中電灯あればベター



一番人気スマギン洞窟 Sumagin Cave
別名ビック・ケーブBig Caveと呼ばれている鍾乳洞
妊娠している女性、女王様のバスタブ、ラインテラスのミニチュアなどと
名付けられた美しい石灰岩をみることができる



こんな感じです↓

DSCF2237.jpg

DSCF2241.jpg

DSCF2246.jpg

DSCF2250.jpg

DSCF2264.jpg

DSCF2278.jpg

DSCF2290.jpg



感想


   オモローーーーーーイ


まぢ、もう1回いってもいいくらい♪

めっちゃ楽しかったよぁ~

 さすが海外だわ


男性陣の感想も、大絶賛!!


  サガダ行 オススメします


ガイドさん

 ただの親父だと侮っていたら、プロだった


   かっこいい

オロナミンCのコマーシャル出れるぜ 笑



その他に、
ルミアン洞窟(約600年前の棺が安置)
スゴン洞窟
マタンキブ洞窟でツーリスト死亡事故(現在閉鎖中)があるようです(地球の歩き方より)



翌日、エコー・バレー
奇妙な形をした石灰岩につるされた棺ハンギング・コフィン


道が兎に角わかりづらい

男性人はたどりつけなかった様です 

DSCF2317.jpg
まずセント・メアリーズ教会を通りすぎ

DSCF2325.jpg

DSCF2327.jpg

墓地の中を通りすぎます

この辺りまでは看板が出ていると思います

谷の眺めを望める事が出来るビューポイントらしき所から、下ります。


DSCF2354.jpg

↑写真は、帰りの登りの様子

DSCF2351.jpg

あたしは動物的カンでたどり着きましたが、写真のように道が分かれてるわ

看板はないわって感じです

 ある程度下ったら、今度は右に行き過ぎないよう注意!
 
 正面の岩に、遠目で見えると行き過ぎです

 引き返して、前の山の方向に進む道が見つかれば

DSCF2337.jpg

 これが見れるはず 笑


ハンギング・コフィン




正直、苦労した割にしょぼいです

が、この道のりが、ケイブ並に探検度大で楽しかった♪


  フィリピンの、この整ってない感じが、あたしは好きです



DSCF2298.jpg

これは、ベットの取り合いジャンケン中

これ旅人だったら、女関係なしにジャンケンに参加させられてたな

はい、ジャンケンにまけたので床に決定!!(エキストラベットらしい)

DSCF2303.jpg

この宿 残念な事にゴキブリが多くって 涙

ベットが床にあるもんで、ゴキブリがあがってくるは、でかいクモがあがってくるはで


  悲惨

で、きづいたらこんな事に
DSCF2307.jpg

テーブルの上に布団をのっけていた 笑

しかも、落ちないように横に黒板(なぜ?黒板があるのか??)

  なんか、かわいかった


  久しぶりに、旅人じゃない人達との旅行は 新鮮で面白かった♪


2日目は、男性陣が起きるのが遅かったので、

別行動していた。


そしてバギオ行最終バス
男性陣ったら、出発15分前に歩いてやってきた

 満席で、バスに乗れず


呆然としている男性陣を、バスの中から大爆笑して見てた性悪女 あたし


  さようなら、バスにゆられバギオに帰るのであった♪



バギオからの行きかた
バギオから、
ダングワ・バスターミナルから早朝5時00から11時の間
所要時間6時間7時間 酔い止必要 悪路
220ペソ

サガダから、
バスを降りた所と少し離れた所に、バス停があるので確認しましょう。
出発30分前で補助席しか空いてなかった、早めに行った方がいいと思います。
時刻表は、ツーリストオフィスにあり

最終に乗遅れた場合
サガダ→ボントックはジプニーが運行 
所要時間45分
ボントックからバギオ行きのバスが運行


DSC_2100.jpg

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/235-20994fb9
Listed below are links to weblogs that reference
サガダに行こう from バックパッカーに挑戦だい

Home > 5.フィリピン > サガダに行こう

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。