Home > スポンサー広告 > 一人リゾート ボラカイ島

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

株の初心者 URL 2014-01-24 Fri 13:59:22

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/241-ce6caf5e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > 一人リゾート ボラカイ島

Home > 5.フィリピン > 一人リゾート ボラカイ島

一人リゾート ボラカイ島

DSCF2507.jpg

フィリピンの島

  かなりが綺麗らしい

と、前から聞いていたので

バックパッカーだけど

そして一人だけど、


一人だっていいもん

    ひとりリゾート
DSC_2234.jpg

 島に行くのは日本から決めていたけど、


さぁ~て 何処にいこうか・・・

 セブはベタ過ぎる


で、色々調べると パワランが、かなりヤバイらしい

友人曰く、フィリピンNO1!!


ただ、一人だと相当お金がかかりそうだ


で、ボラカイ島に行く事にした♪

友人曰くNO2らしいです 笑


DSCF2539.jpg

実はボラカイ島のホワイトビーチ
1990年、BMWのトロピカル・ビーチ・ハンドブックの投票で
「世界最高のビーチの一つ」に選ばれ一躍有名に!!
で、2007年度、アメリカ・ヤフーでも世界ナンバーワンビーチに選ばれている


  うほっ♪


確かに、アジアのビーチでこんな綺麗な所が沖縄の離島以外にもあったなんて

  アジアのビーチに相当偏見を持っていたあたし 汗


ごめんなさい

CSC_2280.jpg

 あたし、バックパッカー中に
   こんなリゾート気分満喫していいのだろうか?? 笑


バックパッカー中の他のアジアに比べると断然高い!!

ただ、短期で来るならかなり安いと思います。

DSC_2147.jpg

  たまには、こんな贅沢ありでしょう


 綺麗な海を眺め、カフェでぼ~っと


     癒されます


DSC_2241.jpg

DSC_2261.jpg


White Beach
観光客に人気なのは、ボラカイ島の西側に約4kmにわたって延びるホワイト・ビーチ
ビーチ沿いには高級リゾート、安宿、レストラン、バー、ダイビングサービスなどが軒を連ね、
多くの観光客で賑わっている。ベビーパウダーさながらのキメ細かい白砂が世界中の人々をひきつけている。
   地球の歩き方より



カティクラン滞在し、対岸のボラカイへ通うと安く済むようですが、
折角ここまできたのだから、ボラカイ島に滞在したい♪
あたしは宿がホワイトビーチ沿い入った所だったので、ここで毎日癒されていました♪



DSCF2464.jpg
                 レモン・カフェにて


 ごはん

  まぁーリゾート価格ですね

ここには、フィリピン料理、日本料理、イタリアン、カフェ、クレープ屋

   スタバまでなんでもあります!!

DSC_2129.jpg

写真は中国人団体客 なぜか同じTシャツを着ていた 笑

中国人、韓国人が圧倒的に多かった

 そしてフィリピンの富裕層

いやぁ~ 貧乏なあたしがこんなセレブな気分を味わえるなんて

日本の物価様々だわ

  フィリピンもお金持な方が多かった、勝手に貧しいイメージを持っていたが

ただマニラの失業率は半端ないようで・・・

やはりここも 貧富の差は大きいのだろうか??


 ひとりで来ているのは あたし位なもんで


流石リゾート 笑


DSC_2136.jpg

バギオでも飲んだ お酒ボラカイ

DSC_2230.jpg

いやぁ~この島

   かなり素敵だと思うのですが・・・


 近くなのが、尚更いい!!

   短期の方にもオススメです♪


DSC_2215.jpg

DSC_2247.jpg

あたしは、12月21日~25日の4泊5日の滞在

   もっとゆっくりいてもよかったなぁ

DSC_2255.jpg

日焼け嫌いなあたしが、何も気にせず泳いでいたほどだ!!


DSC_2248.jpg

DSC_2254.jpg

 マリア様の像

ホワイトビーチは、北から南まで歩いて40分程度

  散歩も楽しいよぉ~

       

 声高々に叫びたい    

      ボラカイ島最高!!


ボラカイがここまでいいのだから、これはパラワン行くしかないなぁ 笑



フィリピンでは人口の約5%に過ぎない富裕層が国の富の70-80%を支配している。
この富裕層は国の政府,地方政府を完全に牛耳っており、
支配者と非支配者の関係は中世の領主と領民の関係に近い
フィリピンはアジアで最も古い共和国の一つで、民主的な選挙が行われているが、
巨大な貧富の格差は是正されるどころか、
経済発展とともにますます拡大していく傾向が見られる。





DSC_2112.jpg



■島への移動方法など、簡単情報

最短距離は、パナイ島のカティクランまで飛び、そここらトライシクルで港まで15分、ボートにのってボラカイへ

  あたしは間違ってエアーチケット カリボ行


カリボまで飛んだ場合
到着ロビーを出ると、バス会社の客引きがいるのでこれにのる
カティクラン港まで所要時間2時間 運賃ボートチケット込 200ペソ

港についたら、港使用税50ペソ 環境税+入島税70ペソを別途支払う
ボート所要時間15分

ホワイトビーチまで、トライシクル(チャーター)100ペソ
  ※金額がもう決まっている


トライシクルの乗り方
流しの場合 cocomangos⇔Station3 一人7ペソ~10ペソ
(夜9時以降一人15~20ペソ)
留まっている場合(チャーター)
1台 50~100ペソ
   ※トライシクル→オートバイにサイドカーをつけた3輪の乗り物


両替
マニラの方がレートがいいが、両替所は数箇所あり、ATMもあります

Comments: 1

株の初心者 URL 2014-01-24 Fri 13:59:22

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/241-ce6caf5e
Listed below are links to weblogs that reference
一人リゾート ボラカイ島 from バックパッカーに挑戦だい

Home > 5.フィリピン > 一人リゾート ボラカイ島

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。