Home > スポンサー広告 > チェルシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/262-ac910f3e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > チェルシー

Home > 7.ニューヨーク > チェルシー

チェルシー

DSC_2851.jpg


何処に行こうかなぁ~と考えていると

  チェルシーがいいよってすすめられた♪


私は素直な性格なんで 笑

  いざチェルシーへ!!
DSC_2863.jpg

チェルシー
さまざまなギャラリーが集まるニューヨークアートシーンのメッカ
大抵のギャラリーは無料なので、ギャラリーめぐりも楽しい

 数件ギャラリーに入ったが、入りづらいのと、居ずらいのと

アートに無縁な人間なんで、自分で勝手に居心地を悪く感じていたのか? 笑

DSC_2858.jpg


おしゃれな町としても知られているチェルシー

ただお店が密集している訳じゃないので、先に下調べは必要かも?
  (ぶらり歩いているだけじゃ~見つけられない。。。)


でも、散歩するにはとてもいい所だった


アメリカ初の空中公園「The High Lineハイライン」へもいけます(あたしは行ってないけど・・・)
廃線になった列車の高架橋をリノベーションして公園にしようっていう、都市再開発プロジェクトの1つ




DSC_2850.jpg

   タイムスリップした気分になれる!!

チェルシー歴史保存地区

19世紀に建てられた建造物がそのまま残されている。
19~23Stと8~10Aveの間


ぶらぶら散歩
DSC_2840.jpg

学校の落書き

 生徒が書いたのかなぁ~と歩いていると

DSC_2843.jpg


  でかっ!!


あっ生徒じゃないね 笑


後から気づいたんだけど、地球の歩き方にもこの写真が載っていた


DSC_2856.jpg

DSC_2865.jpg

少し雨が降っていましたが、

 人も少ないし、散歩するのが楽しかった♪


散歩ってなんでこんなに楽しいだ!!

 特に一眼レフをもっての散歩は、楽しくって楽しくって


   あたしも立派なカメラ女子??笑


DSC_2878.jpg

グルメ好きにはたまらない!!
チェルシー・マーケット

ビル1階部分が、長い1本の通路になっていて
両側にずらりお店が並んでいる

 デパ地下と表現すればイメージつくでしょうか?笑


おしゃれなんですけどね、食べ歩きが出来るって感じ♪

マーケットの中の写真↓
DSC_2866.jpg

DSC_2876.jpg


2012年3月6日で100歳をむかえる、
世界で一番売れているクッキーオレオ
チェルシーマーケーットは旧ナビスコ・ビスケット工場跡で、
「オレオ」は1912年にここで初めて作られたんだって♪

DSC_2870.jpg

ここで軽くランチ
 ロブスターのお店があったのですが、めっちゃ美味かった♪

DSC_2877.jpg

本屋さんで、日本のキャラ弁発見!!
これって日本特有な気がする。。。
申し訳ないが、海外の人に時間をかけてお弁当を作ることが出来るのだろうか?


で、少し調べて見ると

  密かなブームらしい 

写真見る限り、食欲がわかないものばかりでしたが


海外セレブ・ハリウッド女優に人気急上昇中なんて記事もあったので

 この本、需要があるのかもしれないですね 笑


同じ日本人としては、嬉しく思う話ですが


町の散策
  ほんとうに飽きないわぁ~

Santa-Claus-Pics-0415[1]



チェルシーを調べていると面白いサイトを見つけました!!

チェルシーはサンタ像の発祥の地

初めてのバックパッカーで、クリスマスにイスラエルに訪れた時

友人に「なんでイエスの誕生日にサンタクロースが関係するんだ?」と

素朴な質問をされ、答えられなかったあたしはサンタクロースを知らべた記憶があるんだけど

それが今回のチェルシーと繫がるとは!!



   やっぱり旅って面白~い♪


「チェルシー」の大地主クレメント・クラーク・ムーア
彼は神学者そして文筆家
子供たちのために、
オランダの伝承とそのお祭りを元として詠んだ、「聖ニコラスの来訪」(A Visit from St. Nicholas)
という詩が、1823年12月に新聞に掲載されました
(注:作者は、別人、あるいは、オランダ語からムーアが英語に翻訳したという説も)


クリスマス・イブの夜にプレゼントを配る「サンタさん」のイメージは、
ムーアの詩で全米に広まることになりました


現在の、等身大というか、やや大柄な「人間的」なイメージにしたのは、清涼飲料水会社「コカコーラ」


 サンタのイメージはコカコーラの広告って話は有名だよねぇ~

ただ、この時にはすでに遠く離れた日本ですらサンタクロースのおなじみの姿は確立されて
十数年が経過していたって話もある。


現在の日本では、「サンタ・クロース」は北極に住んでいる、おじいさんということになっており、
「聖ニコラス」とは独立した「生い立ち」になっていますが、
これは北欧に伝わる、「サンタ・クロース」と似たエピソードを持つ民話、神話を、
おそらく20世紀前半に、アメリカ生まれの「サンタ・クロース」像と「合体」したのだそうです。

こうして現在の「サンタ」は、「ビジュアル・イメージ」は「アメリカ」産、
その「エピソード」は「アメリカ」産と「北欧」産の合同、という「キャラクター」となり、
現在に至っているというわけですね。



       おもしろ~い!!


上記の文は下記のサイトより抜粋させて頂きました。
詳しく知りたい方はこちら→チェルシーはサンタ像の発祥の地
 


 チェルシー   

    見所はもっとあるので、是非是非 散歩がてら歩いてみて下さい。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/262-ac910f3e
Listed below are links to weblogs that reference
チェルシー from バックパッカーに挑戦だい

Home > 7.ニューヨーク > チェルシー

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。