Home > スポンサー広告 > シンガポール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/271-f9c60845
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > シンガポール

Home > ピースボート78 > シンガポール

シンガポール

R0010336.jpg

sg100[1] お休み=自由行動
R0010345.jpg

お休みっていっても、あたしの場合すぐ船から出れる訳でもなく、
シンガは日本からユニバ(ユニバーサルスタジオ)に行こうって約束していたが、
時間がないので、ユニバは諦め 涙

なんとかシンガをぶらつくって言っていたみんなと合流♪

シンガポールは今回で2回目

前回も、2005年に乗ったピースボートだった!!

 まず目指したのは、世界3だいがっかりのマーライオン

でも、私は嫌いじゃない!!

マーライオン
ライオンの頭部と魚の体をもつ彫像。高さ8.6メートル、重さ70トン、
口から噴水のように水を放出!!
1964年に政府観光局のシンボルとして設計されたもの。
ライオンの頭は、『ムラユ年代記』 に記された、シンガプラ発見の伝説を象徴。
大昔、シンガポールはジャワ語で海を意味する Temasek という名前だった。
11世紀、シュリーヴィジャヤ王国のサン・ニラ・ウタマ王子 が、この島を再発見!!。
王子がシンガポールの浜辺に初めて降り立ったとき、不可思議な獣を目撃。
それがライオンであったとわかり、王子は、島の名前を “シンガプラ” Singapura と定めた。
サンスクリットで、ライオン (Singa) の城市 (Pura) を意味する。
マーライオンの魚の尾ビレは、大昔の町 Temasek を象徴し、
シンガポールもその始まりは質素な漁村であったことを物語っている。

ちなみに、マーライオンは5頭いるらしい!!

R0010340.jpg

有名なのは、マーライオンパーク(上記の写真)

ちなみにこのマーライオン

ホテルの一部にもなった事があるんだって
5[1]

 おもしろすぎやろ!!w


10053829206_s[1]

上の写真は、全日空の “スーパー エコ割” のCM

 あたしの部屋にもマーラオイオン来てくれないかしら?w



話は元にもどりまして

のこりのマーライオンは

こちらもマーライオンパークにいる
小さいマーライオン(トップの写真)


3頭目、セントーサ島の大きなマーライオン!
こちらのマーライオンは、高さが37メートル
 ここも有名だよねー
  今回こそは見に行こうと思ったんだけど、行けなかった 涙
夜は目からビームが出るらしいです(あぁ みたい・・・)




4頭目
ハーバーフロント駅の近くにあるマウントフィーバーの山頂
抱きつけちゃうようですよ


最後の5頭目は、観光スポットとは全く関係のない場所にいる。
シンガポール観光庁の敷地内!!

これがマーライオンか?
 と、つっこみいれたくなるようなもの
ネットから写真ひっぱりました。
  みたいでしょwど~ぞ
20070319_273173[1]20070319_273175[1]

顔がまぢヤバイ

マーライオンのスタンプラリーとかつくればいいのに
なんか見に行きたくなるのわ 私だけでしょうか??w

 マーライオンがっかりとは言わせない!!
  あーぁ お土産に置物買ってくるんだった・・・と後悔

R0010346.jpg

シンガポールはマーライオンだけなのか??

いえ、いえ そんな事はありません
シンガポールの見所といえば様々な民族が集っている事!!
英国の貿易中継港として栄えた土地柄、中国やアラブの商人たちがこの地に新天地を求めたほか、
労働力として連れてこられたインド系の人々、
そして以前からここに住むマレー系の人々とさまざまな民族が集まっている。

チャイナタウン
ブギス(アラブストリート)などなど

 魅力的な場所が沢山

その中でも、みんなサリーを購入したいと言ったので
行ったのわリトルインディア
R0010367.jpg

インド料理や衣料品が沢山あるテッカーセンターや
様々な所で、サリーやインド雑貨、ヘナが購入できる


シヴァ神の奥さん「カーリー」を祭っている
R0010380.jpg

このゴープラムが一際目につくスリ・ヴィラマカリアマン寺院

ここはまさしくインドだった
 すごーく懐かしくって
何時間でも居たいと思った。

実はこのあたりは南インドからの移民が最初に住み着いた所!!


 この時はちょうどプージャの最中

懐かしいチャイやビリヤニを頂いたりと、インドを少しだけど感じられた


 あたしは、やっぱりインドが好きだ

R0010396.jpg


初めてシンガポールに来た時は、シンガポールに住んでいた友人に美味しい屋台やお店を案内してもらった。
この時は2日間の滞在で、もうシンガポールいいかなぁ~って思ったので、
今回、全然楽しみじゃ~なかったんだけど、

シンガポール
    面白いやん☆


散歩も楽しいしねー
R0010306.jpg

R0010331.jpg

R0010328.jpg

R0010323.jpg

R0010311.jpg

R0010332.jpg

R0010371.jpg


ユニバも、まだいってないしぃ(日本にないアトラクションがあるもんで)

 また、来たいなぁ~  シンガポール

R0010351_20130404135509.jpg

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/271-f9c60845
Listed below are links to weblogs that reference
シンガポール from バックパッカーに挑戦だい

Home > ピースボート78 > シンガポール

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。