Home > スポンサー広告 > モーリシャス・ポートルイス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/273-9cf52d32
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > モーリシャス・ポートルイス

Home > ピースボート78 > モーリシャス・ポートルイス

モーリシャス・ポートルイス

R0010488.jpg

260px-Flag_of_Mauritius_svg.png 「シャマレルで7色の大地観光」

やってきましたモーリシャス 

モーリシャスってどんな国??

10世紀以前からアラブ人航海者たちには知られていたらしいです。
15世紀にはマレー人が訪れている!!
1505年にポルトガル人がヨーロッパ人としてはじめて発見。
当時は無人島だった。

続いて、1638年にオランダがインドの航路の補給地として植民地を開始、
オラニエ公マウリッツ(マウリティウスを英語読みでモーリシャス)の
名にちなんでこの島を命名した。
17世紀ドイツが占領、18世紀フランスが支配、1810年にはイギリスに占領
1814年イギリス領に
1968年英連邦王国として独立
  ざっくり言えばこんな感じのようです・・・

国民
インド系68 クリオーリョ27 華人3 フランス系2
インド系住民の多くはかつてクーリーとして渡った人々
※クーリーとは労力で、19世紀から20世紀初頭にかけての、中国、インドを中心としるアジア系外国人・移民の手に職を持たない単純労働者


はい、でわ私が同行したツアー
まずはブラック・リバー峡谷国定公園
R0010470.jpg

深い森に覆われた山々が連なる、国定公園に指定されているエリア


ラム酒工場へ訪問とラム酒ティスティング
R0010468.jpg

R0010465.jpg

R0010461.jpg


  飲みすぎない様に、みなさん注意ですw


タマリン塩の工場・製造所(仏領の時に創設)

R0010486.jpg

R0010490.jpg

R0010489.jpg
昔ながらの塩造りなんですが、個人的に私ココ好きです♪


そして、シャマレルの7色の大地

R0010478.jpg

モーリシャスを代表する観光スポット。
火山から噴出した様々な鉱物が大気との接触によって変化した7色の大地は
絵の具を合わせたようなグラデーションで、これほどまでにハッキリ色が分かれるのは世界的に珍しいようだ

R0010475.jpg

何故か カメがいた。。。
 海ガメはよく見るけど、

陸ガメ・・・何気にこんな大きなの見たの初めてでわ??

  なんてブログ書いてて思っちゃいました。

ツアーの時は必死なんで、楽しむ余裕はあんまりないもんねー

お土産は、ショッピングモール、コーダン・ウォーターフロントかな♪




で、モーリシャスですが

「インド洋の貴婦人」と呼ばれる世界トップクラスのビーチリゾート、
ビーチリゾートでゆっくり過ごすための高級宿泊施設も沢山あるようで、

今回、海に行けなかったので
ビーチリゾート感は味わえなかったけど、
南の国特有の、のんびりした感じや
バスから見た、観光地じゃない町の風景

  好きです あたし

「神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った」と
『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られるマーク・ トゥエインに言わしめたモーリシャス


 やっぱり次があるとすれば、あたし ビーチに行きたい!!w

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/273-9cf52d32
Listed below are links to weblogs that reference
モーリシャス・ポートルイス from バックパッカーに挑戦だい

Home > ピースボート78 > モーリシャス・ポートルイス

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。