Home > スポンサー広告 > 南アフリカ・ケープタウン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/275-3e3ac0b3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > 南アフリカ・ケープタウン

Home > ピースボート78 > 南アフリカ・ケープタウン

南アフリカ・ケープタウン

R0010537.jpg

za1] 「歩行少なめ、ケープタウン観光」
R0010497.jpg

ケープタウンのシンボル

   テーブルマウンテン

船からの写真♪

 あつい雲に覆われていますが、


DSCF5681.jpg

こちら翌日
ギリ、テーブルクロス現象でしょうか?w

いつもPBの説明会でこの写真を見ていたあたし
実物を見れるなんて、もー感激です♪

テーブルマウンテン
  まぢ、かっこいい!!


R0010518.jpg

前回のダーバンもよかったけど、ここケープタウンも最高です♪


まず向かうはペンギンコロニー
R0010534.jpg


アフリカペンギンはかつてその騒々しい鳴き声から、
ジャッカス(雄ロバ)ペンギンと呼ばれていた。
1910年に15万羽のアフリカペンギンがいたが、20世紀末には数十%が残っているだけとなっている。
食料源としてペンギンの卵を乱獲したことや、
環境汚染、海鳥による卵捕食、彼らが好む繁殖地のグアノ(海鳥などの糞の堆積物)が
削り取られてしまったために、アフリカペンギンは危機に陥っているみたいです。



もっと詳しく知りたい方はこちら→ケープペンギンの紹介

 ※アフリカペンギン、別名ケープペンギン

R0010539.jpg

サイモンズタウンのボルダーズ・ビーチにあるアフリカペンギンのコロニー
1982年に飼育した2組から最近では約2200匹に増えたらしい。

R0010532.jpg

ビーチ沿いの遊歩道を歩くと野生のペンギンを近くから観察することができます。




 ケープタウン

海もすごーく綺麗なんです♪
R0010524.jpg


そして喜望峰へ
喜望峰を目指す海岸線の道のりは本当に美しいです☆
 バスおりて、徒歩で散歩したくなる

R0010557.jpg

R0010556.jpg


シャッターチャンスを逃す女なので
あの絶景、写真で伝えられないのが悔しい・・・


R0010567.jpg

喜望峰
南アフリカ共和国南西端の岬。アフリカーンス語ではカープ・ディ・フーイ・ホープKaap di Goeie Hoopと呼ぶ。
ケープ・タウンの南側にのびるケープ半島の南端の小突起部(半島の先端はケープ・ポイントと呼ばれる)で,
硬質砂岩の水平層が約30mの海食崖をめぐらす。
1488年、ポルトガル王の命で航海中の B =ディアスが発見し、「嵐の岬」と命名。
王はインド航路発見の希望を抱き、「喜望峰」と改名




喜望峰がアフリカ大陸の最南端といわれることがあるが、
実際には東南東へ約150km離れているアガラス岬が最南端

東側がインド洋、西側が大西洋




人は何故 この場所に憧れを抱くのだろう・・・

  あたしもそんなひとりですがw



常に強風が吹き荒れて遭難する船が多く、航海者たちに恐れられていた

しかし

大航海時代

ポルトガルのパルトロメウ・ディアスによって喜望峰が発見され


1497年、マヌエル1世命を受けたバスコ・ダ・ガマは、
この喜望峰を経由

 インドや中国南部に進出した。

(そしてセウタ攻略から130年後にようやくポルトガルは日本にたどり着いたのだ・・・)

アジアへの航路を切り開くきっかけとなった岬



大航海時代に思いを馳せる壮大な場所


  うーんロマンだねぇ~
    (このざっくりとした説明間違っていたらごめんなさい)


はじめてバックパッカーをした時、旅で仲良くなった旅人が喜望峰に行って
その話をいいなぁ~と思いながら聞いていたあたし

まさか、その数年後にあたしもこの地に立つことになるなんて・・

 人生 何処に行くのかわからないものですねw


はい最後にケープポイント

R0010576.jpg

ケープポイントからみた喜望峰
R0010575.jpg


ツアーが終われば、港近くのウォータフロントでお買物
R0010623.jpg


ずーと行きたかった南アフリカ
喜望峰に行くという夢もかなった。

 そして実は一番行きたかった南アフリカ最大のタウンシップ(旧黒人居住区)ソウェト
   少し気になるロベン島(勿論両方PBのツアーであります)

 アフリカ大陸

   もっと もっと行きたい!と、思いは強くなるばかりです・・・



ただ、どうしてもバックパッカーで行く勇気はありません 涙

 アフリカ ヤバイ所は本当に危険だもの



  長い人生、また訪れることがあるのだろうか?


   あると信じたいです



南アフリカ 
と聞けば、まず思い浮かべるのはアパルトヘイトではないでしょうか

船内でも、様々な映画が上映されていました。

あたしはこの2つの映画しか見たことないので

「遠い夜明け」南アフリカのアパルトヘイトの実情を描いた映画



とくに音楽がめっちゃかっこいい
「ツォツィ」世界で一番危険なスラムに生まれた小さな希望

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/275-3e3ac0b3
Listed below are links to weblogs that reference
南アフリカ・ケープタウン from バックパッカーに挑戦だい

Home > ピースボート78 > 南アフリカ・ケープタウン

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。