Home > スポンサー広告 > アルゼンチン・ブエノスアイレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/278-a604e874
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > アルゼンチン・ブエノスアイレス

Home > ピースボート78 > アルゼンチン・ブエノスアイレス

アルゼンチン・ブエノスアイレス

R0010713.jpg

ar12] 「ブエノスアイレス観光とアルゼンチンタンゴ鑑賞」
R0010695.jpg

「南米のパリ」と呼ばれるブエノスアイレスにやってきました!!

ここはパッカーの間でも評判の良い所なので、楽しみデス☆


そして、今回も私は観光ツアー♪
バスは裁判所、7月9日通り、オベリスコの車窓を終えたあと

5月広場
R0010702.jpg


ブエノスアイレスの中心広場。
その名は、独立運動が始まるきっかけとなった「五月革命」(1810年5月25日)に由来。
大統領府、カビルド、大聖堂などの史的重要建築物に囲まれ、しばしば抗議デモの中心部ともなる。


R0010703.jpg

R0010705.jpg



次は個人的に一番気になる場所ボカ地区(カミニート)

R0010711.jpg

大西洋に面したボカ地区は、かつては港町として栄え、
ヨーロッパやアフリカなどさまざまな移民たちが集う場所でした。
中心部には、トタンでできたカラフルな家々が並ぶ「カニミート」という通りがあり、
この場所は、有名な画家キンケラ・マルティンや地元の人々が、
貨物線が廃止され荒廃したこの一角を、きれいに整備しよう!!と
1959年に、カラフルな色に塗られたボカの小道、カミニートが生まれたようです。

なんでこんなカラフルなの?
最初に住んだ家にペンキを塗ろうとしたところ、船に残っていたペンキが少なくて、
同じ色で建物全部を塗れるほどの量が無かったのだそうです。


R0010714.jpg

R0010724.jpg

R0010721.jpg

R0010717.jpg

R0010725.jpg

R0010731.jpg

R0010734.jpg
R0010735.jpg

R0010736.jpg

も~ めちゃ めちゃ かわいい場所だった♪
写真好きには、テンションが上る所だと思います☆

あたしは、お仕事の合間だった為、10分位で駆け足で写真を撮った訳ですが・・・
(ツアーのみなさんは、もっと時間ありますよー)

この地区ですが、少し行った所に、
サッカーファンならご存知ボカ・ジュニアーズ・スタジアムがあります。
車窓ですが、見てきました♪

タンゴ発祥の地でもあるボカ地区(カミニート)
小さいエリアだけど、あたし 何時間でもいれるわ ココ♪


R0010745.jpg
ボカ地区 治安が悪い場所もあるので、ご注意を!

R0010748.jpg
     ラ・ビステカ LaBistecca

そして、ランチがめっちゃ美味しかった♪
PBツアーの料理って本当、いつも いつも 美味しいんだけど
ここは特に気に入りました♪
ビュッフェなんだけど、パスタも麺から選んでその場でゆでてくれるしぃー
デザートも日本人に合うお味、もぅ最高です♪

美味しいご飯でお腹が満たされた後は、

レコレータ墓地
R0010750.jpg

1880年代初頭に造られた、ブエノスアイレス最古の墓地
R0010757.jpg

R0010756.jpg

国の歴史芸術モニュメントに指定されています。

歴代大統領をはじめ多くの著名人が埋葬されていますが、
もっとも人気があるのはやはりエビータのお墓!!
エビータのお墓、写真撮りましたが、お客様が沢山写っているのでアップは控えます。

R0010766.jpg

R0010762.jpg

R0010769.jpg


パリに行った時に、観光名所にお墓って!!びっくりした記憶があるけど、
流石「南米のパリ」 こんな所も同じなんだね~

■過去のブログ
パリのお墓→パリでお散歩
フィリピンでも面白いお墓ありました→サガダ


フロリダ通りで自由行動☆
R0010776.jpg

R0010781.jpg

おしゃれなカフェやブティックまで様々な店が並んでいる。
街頭で、タンゴも踊っていますヨ!!


そして、ディナーを頂いたあとは、

 アルゼンチンタンゴ鑑賞です!!

R0010791.jpg

タンゴハウス 「エル・ビエホ・アルマセン

R0010836.jpg

R0010830.jpg

R0010845.jpg
老舗ショー・ハウス「エル・ビエホ・アルマセン」にて



アルゼンチンタンゴ 


もー めちゃくちゃ かっこいい!!

正直、こんないいなんて知らなかった!!

大興奮しちゃったんですが、どうもそれは私だけではなかったようです。

100席足らずの狭いハコなんですが、それがまたイイ!!

 このショーを見たみなさん、大興奮で船に帰りました。


アルゼンチンに行く方、絶対 絶対 オススメです!!

もう一度言いますエル・ビエホ・アルマセン

 もう、いくしかないでしょ!!



130年前

スペイン、イタリア移民の貧しい港湾労務者たちがが安酒場で酒を酌み交わしながら、

遠い故郷を想い、

  歌い踊り


そんな中からアルゼンチン・タンゴが生まれた


男同士で踊っていたものに娼婦が加わり、男女の踊りが完成


アルゼンチンタンゴ発祥の地


ボカ地区カミニート


母をたずねて三千里のマルコが寄った港町


母をたずねて三千里を見ていた子供のころ


まさか自分がこの地にたつことになろうとは・・・


「この手紙をボカへ持ってゆきなさい。ボカという町の半分はジェノア人だ。
このあて名の人をたずね、そうすれば、彼が君をロサリオへ送ってくれるだろう。
そこからまたコルドバへ送ってくれる人を見つけてくれるはずだ」



   哀愁漂う、多くの移民が最初の一歩を踏み出した土地


大好きな場所が、またひとつふえました。



ちなみに、ガイドさんはエビータの話ばかりでしたw
劇団四季でもおなじみですが、よく知らない方は映画みた方が、
更に楽しくなるかもしれませんね

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/278-a604e874
Listed below are links to weblogs that reference
アルゼンチン・ブエノスアイレス from バックパッカーに挑戦だい

Home > ピースボート78 > アルゼンチン・ブエノスアイレス

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。