Home > スポンサー広告 > アンテロープ・キャニオンとホースシューベント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/295-f78d5490
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > アンテロープ・キャニオンとホースシューベント

Home > ラスベガスとモニュメントバレー > アンテロープ・キャニオンとホースシューベント

アンテロープ・キャニオンとホースシューベント

DSC_5858.jpg

今回の目的はラスベガスではなく

目指せ!!モニュメントバレーって事で

まずは1日目 アンテロープ・キャニオンとホースシューベントへ!!
tr_01amg2day_title.jpg


冒頭にも書きましたが、モニュメントバレーは、
日本のパックツアーだとかなり高い!!

一番は、自分たちでレンタカーで行くのが一番安いが、
残念ながら、免許なし。。。

との事で現地ツアー検索
色々探した結果、申し込んだのがこちら↓
ネバダ観光

アンテロープキャニオン、ホースシューベント、モニュメントバレー、グランドキャニオン
決め手はモニュメントバレー公園内の「The View」宿泊

大満足だったので、こちらの会社オススメです☆


ちなみに、ナバホ族のホーガンに宿泊する別の会社のツアーもあったので
これもかなり気になる所☆興味のある方はこちら↓
ラスベガスの達人


DSC_5802.jpg

早朝ホテルから出発♪

写真はグレンキャニオンダム GlenCanyon Dam
ビジターセンターには、ダムの建設やこの周辺地域についての様々な展示があり
そこを見学しました♪

グレンキャニオンダムが、コロラド川をせき止めたことによってできた
人工の湖レイクパウエル☆アメリカで2番目に大きい人口湖です♪
このダムを見学ツアーもあるみたいですよ。


いつかは行きたい
The Wave

1日当たりの立ち入り人数は20人と言う事で

短期旅行では、まず無理なので今回は諦め。。。


まぁ いつか また グランドサークルに行く事になれば、

拠点になるだろうページ(Page)

その時は、このダムの見学にいってもいいかな☆



話は戻り

アンテロープ・キャニオン

友人はモニュメントバレーに行きたいって話だったが
私はここの方が行ってみたかった。。。

DSC_5813.jpg

岩盤の亀裂のようなところから洞窟のようになっている内部を、細い通路沿いに進行

DSC_5882.jpg


ナバホ言葉で、ツェー・ビガニリニ(Tse bighanilini)
水が岩を流れる場所という意味

securedownload(変換後)


横幅が3mほどしかない洞窟?の空間の天井だけが開いて、
そこから差し込んだ光のカーテンが渓谷内に、幻想的な世界を作り上げる♪


素敵な写真を撮るのは難しい。。。。涙


DSC_5875(変換後)

DSC_5873(変換後)




もとはロッキー山脈が隆起してきた際に出来たコロラド台地の一部、
一時的に隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たもの。
周辺一帯は砂漠気候のためほぼ1年中乾燥しているが、
モンスーンの時期に降るスコールは瞬時に鉄砲水を起こし、
一気にアンテロープ・キャニオンに流れ込むのである。
 よってキャニオンの内部は毎年様子が変わる。 (ネットより一部抜粋させて頂きました)


DSC_5867.jpg


ちなみにナバホ人の管轄のため、勝手に入る事ができず。
ツアーに参加しなければ入る事ができない(個人で来た方は、ページの町から定期的ツアー有)

ツアーのベストタイムは、お昼の12~14時の間に渓谷内に滞在できるものがいいようです☆

アンテロープ・キャニオンはアッパーキャニオンとローワーキャニオンに分かれ、
観光的にはアッパーキャニオンの方が圧倒的に人気があるようです。
今回のツアーでも、アッパーキャニオンに行けました♪

DSC_5888(変換後)

 こんな所から、出てきます☆


DSC_5897.jpg

DSC_5892.jpg





ここも行きたかったアリゾナ州ページ付近にある絶景スポット
ホースシューベント

DSC_5906(変換後)


horseshoe、直訳すると馬のひづめ
グランドキャニオンへ続くコロラド川が
大きく蛇行しつつ、侵食によって削り取られた地層が壮大な大自然を演出


塀や柵も何もなく、崖っぷちに立つことは 

 かなり恐怖でした。

DSC_5918.jpg

高所恐怖症でなければ、もっとポーズがとれたのに。。。

こちらも、大満足


そして、車はモニュメントバレーへ


       つづく。。。

 

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/295-f78d5490
Listed below are links to weblogs that reference
アンテロープ・キャニオンとホースシューベント from バックパッカーに挑戦だい

Home > ラスベガスとモニュメントバレー > アンテロープ・キャニオンとホースシューベント

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。