Home > スポンサー広告 > 涙の国境物語 スノウリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

みっちゃん URL 2010-08-16 Mon 14:00:40

気を付けて旅してくださいネ!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/63-ca1a4144
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > 涙の国境物語 スノウリ

Home > 10.インド(南) > 涙の国境物語 スノウリ

涙の国境物語 スノウリ

4jBWj(変換後)


ポカラから
 6時30分発 スノウリ行きバスに乗る。(バス停まで、宿のおっちゃんに送ってもらう100Rs)

 日本人はいなかった。てか、ツーリスト事態すごーく少ない 涙


まぁ 少ない方が広くのれていいか♪っと思っていたら、
よくあるパターンで、乗り合いバスで
どんどん人を拾っていくから、いつの間にかギューギューだった。。。

噂では聞いていたが、道も悪いし バスもボロいので
揺れがひどく、おまけに山道

 めっちゃ気持ち悪くなるわ、偏頭痛わするわで 最悪


トイレ休憩も、ただ道に停車するだけで、みんな野ション
男子はいいけど、女子はどうするんだよぉ~ 

 私はトイレ近いのにぃ 涙



この旅一番最悪な移動だった。。。


この時ばかりは、ひとりでよかった。

  あんな醜態誰にも見られたくない。

日本人がいなかった事も、ありがたかった。。。


 昼休憩で、びっくりする位 吐いた。。。

    もう我慢ができなかった、あんな事はじめてだった。。。


なんとか、2時過ぎにスノウリの4km手前で降ろされた。

そこからスノウリまでは、リキシャをネーパル人とシェアして行った。


そして国境
  歩いてイミグレを通過

インド側のイミグレなんて見落としてしまいそうなお粗末さ

   だって簡易テーブル置いているだけやん 噂では聞いていたが凄かった 笑


ここからがやっかい!!


  バラナシ行きのバスを探すが、ここでは皆 嘘をつくと言う。

 ちなみに、絶対ネパール側でバラナシ行きの通しのチケットを買わない事 
 インド側でバスに乗ろうとすると「このチケットは無効だ」と言われる


   なんて話だから、スノウリからバラナシまでは自力で行くしかない 涙


スノウリはとても評判が悪い所

          早くここを抜け出さなくてわ!!



バス乗り場を見つけるが、全部ゴーラクプル
バラナシ行きは4時30分発と言う、

本当なんだろうか?

 もう何がなんだか、だんだん分からなくなってきた。

何が本当なんだろう?? 事前のリサーチで全員が怪しく見える 涙

取りあえず、4時30分まで待ってみる事にした。


 色んな人が声をかけてくる。ある親父がこのバスに乗れと言ってきた。



そしたら、一人のムキムキ男が近づいてきて、あれはゴーラクプル行きだ
バラナシ行きは夕方だから、それまでレストランで待機していろと言ってきた。


色々話しかけてくるインド人も、面倒だったから
彼についていってそこで待機した。


そこに、日本語の話せる小太りの男がいた(そのムキムキの友人らしい)
Cle0P(変換後)

運転手だと言うが、なんだが怪しい



そしてムキムキ男は チケット代450Rだという。

高いと言うと、ツーリストバスでVIPだと言う  ほんまかいなっ
チケット代払えと言われたが、「バスがきてからその運転手に払う」っていったら、すんなり引き下がった。

その後もそのレストランで待機するが、
どうも落ち着かない。。。

散歩と言ってそこを抜け出し、又バラナシ行きバスを探した。

イミグレのおっちゃんに、バラナシ行きツーリストバスを聞くと
無いといわれたが、英語力の問題もありそれ以上つっこめない 涙

今度は、ローカルバス停でバラナシ行きを聞くと


皆、ある1台のバスを指す、

 運転手にもお客にも確認するとこれだと言う

金額を聞くと172R

安い!! 450Rsのクオリティーと比較して決めよって


 ムキムキ男の所に戻ってしまった。。。


これが失敗だった。


ムキムキ男に案内されたバスは 私が今172Rと言われたバスだった。。。


で、450R払えと言う!!


 勿論私は抵抗する訳で、そしたら脅しにかかてきた。

  てか、これって詐欺って言うより 恐喝やんかぁーっ!!


 奴にお金払う理由が全く分からなかったから、
    
    私も頑固として、払わないと粘っていると


今度は違うムキムキ男が乗り込んできて、男2人に囲まれる!!


運悪くこの日はツーリストは私だけ

 周りに助けを求めたが、みんな見て見ぬふり

 泣きまねをしてみたが、鼻で笑われただけ

 インドのお金がないと言えば、日本円、ドル、なんでもいいと言われた。


とうとう、
バックパックをつかまれ外に出ろといわれたり、
こぶしを顔面に寄せてきて 殴るぞポーズ

それでも粘っていたら、バスが出発しかかると
流石に、相手もイラツイてきた。

このまま逃げれるんじゃないかとも思ったが、
相手も本気でバスから降ろそうとしてきたので、

ちょっと冷静に考えてみた。
 なんで私はここまで頑張っているんだろう?日本円で1000円位の為に殴られるのか??

でも、損するのも嫌なんで

 ネパールのあまったお金を差し出した。400Rsほど


そしたら、笑顔でOKだった。


で、今度は運転手に バスの運賃172R払えって言う

 そのお金はそっちで払ってよぉ~って言ったら。


全額は無理だったが、120Rくれた 笑



後日、友人にこの話をしたら「悪になりきれない悪人」と笑っていた

私も不思議と涙はでなかった
でも、他の人のブログを読むと、
実際奴らにボコボコに殴られている人もちらほら


ある意味 私はついていたのかもしれない。。。

彼らは去り、
   その後 中のインド人達がじーと私の顔を見ている。

  
助けてくれよなぁ~

  まぁなんとか無事 バラナシ行き直行バスに乗り込みましたが


涙の国境物語はまだまだ続くのであった。。。

Comments: 1

みっちゃん URL 2010-08-16 Mon 14:00:40

気を付けて旅してくださいネ!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/63-ca1a4144
Listed below are links to weblogs that reference
涙の国境物語 スノウリ from バックパッカーに挑戦だい

Home > 10.インド(南) > 涙の国境物語 スノウリ

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。