Home > スポンサー広告 > 涙の国境物語3 そしてバラナシ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

みっちゃん URL 2010-08-16 Mon 23:35:09

でも、すご過ぎます!
怖いですね!
スリル感と言うのでしょうか?でも、女性の貴女なのに大胆過ぎますね!
エアー枕だけで、良かったですね!
気をつけて旅してください。2人になられてホットしました。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/65-2ba0258f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > 涙の国境物語3 そしてバラナシ

Home > 10.インド(南) > 涙の国境物語3 そしてバラナシ

涙の国境物語3 そしてバラナシ

ふたたび、バスに乗り込む。

バスの定員も私を覚えており、笑顔でお出迎え

 ただ、バス代はやっぱりもう一度請求された。


そしてガラガラだったバスは、ちょー満員

 心配して降りた私の勇み足だったみたいだ 汗


扉近くのぎゅうぎゅうの椅子に座り、バックパックはその横の通路へ

ここからは、頻繁に停車しては 人の乗り降りもあり

 私のバックパックは とても邪魔だった。


停車する度、バックパックを寄せては謝ったりで、

   ゆっくりできない 涙

今や通路にも立っている客がいて、そして何処からか手が伸びてきては

触ってくる痴漢がっ!!


   勘弁してくれ。。。


そんな私を見かねてか
     また また 親切なインド人が現れる!!


後ろに座っている人と交渉してくれて、荷物共々一番後ろの席を用意してくれた。

ただ窓が割れてガラスが無いけど大丈夫か?って

   いいですともぉ~


お言葉に甘え、一番後ろの席に座った。


 深夜にさしかかり、人数も安定してきた。

冷静に考えると、
決して裕福そうに見えないインド人の親父達にかこまれ
このオンボロバスに 真っ暗なインドの田舎道

 改めて、女性パッカーさん達はすげぇ~なぁ~と思いながら


気づいたら私は、爆睡していた。

 窓からは冷たい風、神経質でビビリな私が眠るなんて
   よっぽど疲れていたんだろう。。。


  ガクン


なんだ?

寝ぼけながらも、窓の外を見ると

 私のエアー枕を持ったインド人がいた!!


バスが停留している時に、開いている窓から私が寝ている枕を抜き取ったようだ

だが、盗んだもののいらなかった様で、

   外で寝ている乞食(ごめんなさい)に枕を堀投げた!!


それを掘り投げられた乞食も、こんな物いらないとばかりに

  道に堀投げる



いらないなら返してくれ、2000円もしたんだぞぉーーーーっ 涙



バスはまだ停留していたので、取りに行こうかとも思ったけど

降りた瞬間にバスが出発したら

  こんな真夜中、何もない所に置き去りにされたら 私間違いなく死ぬよぉ。。。



周りのインド人に 枕とられたよぉ~って訴えると

  みんな笑顔でうなずく



ほしいのは、笑顔じゃない

   誰か取りにいってほしいのにぃ 涙



  インドの路上に 
    私の2000円エアー枕は取り残され、バスは出発したのだった。。。



てか、窓際にバックパッック置いてそれを背にして寝ていたんだけど、
 バックパックを盗まれていたら、それこそ笑い話じゃ~すまない

 自分の不用心さを反省し、バッグの位置を変え、再び眠りについた。



早朝 バラナシに到着


1分でも早く友人の居る宿へ行きたかったが、

 辺りはまだ暗かったので、日が昇るまでこの場で待機する事にした。

リキシャの客引きはうるさかったが、そんなのムシ!!



  もう少し、後もう少しで ひとりから救われる!!


  リキシャに乗るも、言った所につれていかず、自分のススメル宿に連れて行く


その手を振り払い、
      この迷路の様な路地で友人の宿を探すも

    道にまよう、方向音痴な私



ゴールは目の前なのに、この道はなんて険しいんだ!と


  ひとり映画の主人公の様に盛り上がる 笑

    (ただ、旅のスキルが低いだけなんだけどねぇ)



ひとりになったとたん、ロストバケッジ
  貞操のキキ、スノウリのカツアゲ、心細かった夜行バス

今まで何もしないから こんな目にあうんだ
もっと強くなれ
やれ旅の洗礼だとか、
 ごもっともな旅ともの言葉が頭をよぎり

ただ、一番言っていいはずの友人はそんな事一度も言わなかった。


ひとりの大変さ、不安な気持ち 友人の有り難さを身にしみて感じ

 もう気持ちはマックスまで盛り上がっていた。


宿がついに見つかり

  あぁ 感動の涙の再会だわぁ~




扉が開く


    テンションの低~い 
             いつもの友人


涙の再会以前に、ハグすらなかった
 
       現実なんてそんなもんですよ 笑



なんでこんなに大変だったんだろうか?
   間違いなく、私にも問題があるんでしょう。。。
 

人の優しさにも沢山ふれましたが、
 
 
   もうひとりは、コリゴリデス

友人よ、再びお世話になります。


              ー涙の国境物語 おわりー

Comments: 1

みっちゃん URL 2010-08-16 Mon 23:35:09

でも、すご過ぎます!
怖いですね!
スリル感と言うのでしょうか?でも、女性の貴女なのに大胆過ぎますね!
エアー枕だけで、良かったですね!
気をつけて旅してください。2人になられてホットしました。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/65-2ba0258f
Listed below are links to weblogs that reference
涙の国境物語3 そしてバラナシ from バックパッカーに挑戦だい

Home > 10.インド(南) > 涙の国境物語3 そしてバラナシ

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。