Home > スポンサー広告 > がっかり カニャークマリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/72-28147b71
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > がっかり カニャークマリ

Home > 10.インド(南) > がっかり カニャークマリ

がっかり カニャークマリ

DSCF0833(変換後)


インド亜大陸最南端

歩き方の写真が素敵で
  それをみてから、ここも楽しみにしていた♪
APG22.jpg
撮影フクロウ君


マドュライから電車で7時間(218Rs)→早朝トリヴァンドラム駅からローカルバス3時間(24Rs+荷物16Rs)
移動はこれまでに比べると楽な方だった。

あてにしていた宿が汚ない割に高いって事で他を探すも
りっぱなホテルが多い中、決めたホテルは
窓から景色が見えない下の階だから安く泊まれた。
P33334.jpg
それでも私には贅沢だった。 ツイン450Rs
めっちゃ綺麗でテンションがあがった 笑


ガーンディー記念堂
ABGvm.jpg
撮影フクロウ君


アラビア海、インド洋、ベンガル湾 3つの海がここでひとつに合する。
敬虔なるヒンドュー教徒はここを整地とし、朝は東の空が白み始めた頃
夕はアラビア海に真っ赤な太陽が沈むのも拝しながら

  この聖なる海水で沐浴する
              と書かれてあった。

歩き方の文章も テンションが上がる内容で


 実際足を踏み入れて、2泊の予定を1泊に変更


1泊で十分かなぁ~ 笑


沐浴場いや海水浴
1コラージュ(変換後)


太陽が海から昇り、海に沈むインド唯一の場所

 夕陽を見に行くも、雲がかかり
   日の出は寝過ごしてしまった


そんながっかりした カニャークマリ 笑




詩人は4月になると、カニャークマリにかかる美しい満月を思いだし、
ヒンドゥー教徒はチャイトラプルニマの祭りを祝う。
インド洋、アラビア海、ベンガル湾の3つの海が出会うインド南端カニャークマリ
には、多くの人が訪れる。
この町には1000年の歴史を誇るクマリ・アンマン寺院があり
女神カニヤが祭られている。
伝説によると、カニヤは破壊と創造の神シバと結婚するはずだったが、
シバは結婚式には現れなかった。
そのため、カニヤは処女神とされており、
すべての参詣者を祝福するといわれる。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/72-28147b71
Listed below are links to weblogs that reference
がっかり カニャークマリ from バックパッカーに挑戦だい

Home > 10.インド(南) > がっかり カニャークマリ

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。