Home > スポンサー広告 > インド映画にも出てくる パンゴンレイク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/88-087369a2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > インド映画にも出てくる パンゴンレイク

Home > 1.インド(ラダックとか) > インド映画にも出てくる パンゴンレイク

インド映画にも出てくる パンゴンレイク

1トップ]


レーに行ったら絶対行こうと思っていた

 パンゴンレイク

中国側チベットとの国境をまたぐ湖
2ちゃろ]

パンゴンレイクに行くには、パーミット(ILP)が必要
これはレーの旅行代理店で取得できます 100Rs
私の時期は 半日で取得可能でした。(パスポート提出)
ちなみに有効期限7日間ですが、行く場所により都度取得が必要
一人では取得が出来ません(2人以上)

パンゴンレイクの他にも、パーミットが必要な箇所がありますが
ツアーで行くなら教えてくれます。(ヌブラ渓谷、ツモリリレイクなど)


3雪

パンゴンレイクまでの道も、マナリから来た道同様険しいです
酔止必要、がけ崩れのおそれあり、振動も相変わらず 笑
途中標高4300mを越えるので、高山病にもなるかも?
帰り耳抜きが出来ず、一日不快感に襲われた 涙


インド軍のチェックポイントが数箇所あるので、
ここでもパスポートチェックされます。


4ごはん

 お昼休憩 やっぱりカレー 笑


パンゴンレイクに行くには 基本ツアーになるのですが
ジープ1台の金額で、人数で割る感じです。

基本になる値段票を、各旅行代理店が持っていて
そこからの値引額は、旅行代理店により代わります。
レーには チャンスパを含め 多すぎる位旅行代理店があるので
何箇所か周った方が良いと思います。

私は、パンゴンレイク5500Rsに
へミスゴンパ、ティクセゴンパ、シェイゴンパをつけて

1泊2日で 5700Rs で交渉

結果5人集まったので、一人1200Rsでした。
(初めは二人計算だったので、6000になった事は目をつぶりました)


ゴンパ巡りも、自力でいけるが結構面倒なので(バスの本数が少ないです)
旅行会社で組合せた方が効率的と書いてありましたが
車をチャーターすると、結構高いので、行きたいツアーがあるのなら
それに組み合わせる方がお得です。

ちなみに、パンゴンレイクの帰りに この3つのゴンパは寄れるので
安くすみますよぉ~


5ぱんごん]

あっと言うまにパンゴンレイク着です。


7ぱんごん]


茶色の世界の中に 突如現れる青は とても感動的です。
6ぱんごん]


琵琶湖より断然綺麗だった
 って大阪市民の私がこんな事言うと、滋賀県民に水を飲むなと言われそうですが 笑

9時30分にスタートして、お昼をはさみ
着いたのが確か14時過ぎだった様な。。。

以外に早く着きます。


そして今日のお宿へ
 ホームスティと言うなのゲストハウス

8ホームスティ


 こんな看板が何箇所かあり、どこもゲストハウスではなく
 ホームスティと書いてあった、もちツアーなので宿は自分で選べない 涙
 

9宿]

  一人150Rs(シャワーなし、電気なし)
  夜ごはん カレー、ライス、野菜のカレー煮込 60Rs
  朝ごはん チャパティ 薄焼き卵 のみ    50Rs
  チャイ代 不明だが請求された

             合計288Rs

   と、結構足元みられています 笑

  凄く商売っけがあったのですが、それでもホームスティ?
  ホームスティの定義がわかりませんが 笑
  民家に泊まったから、ホームスティなんだろうけど。。。
10 部屋


  ほんと、寝るだけって感じです。

11 まど]

  でも、景色はすばらしい
 

パンゴンレイクは、日帰りでもいけます。
ただ宿泊と金額が変わらないし、他のゴンパも合わせたかったので宿泊を選びました。

宿についてから かなり暇と知っていたので
本を持っていきましたが、一緒にいった韓国の女の子がテンション高い子で
おかげで、そんなに暇にならずにすみました。


12みどりおあお

 宿からみる、パンゴンレイクも素敵です。
 日常、見る風景がこの世界はすばらしい

 ただ、電気も水道もない生活

 私にはできません、そう水道がないのです。
 
 商店もないので、持っていたミネラルウォーターが無くなったのは

 キツカッタ


お陰で持っていたウエットティッシュもなくなり 涙


13 て]


 翌日
 この宿の人たちの汲み置きの水は何処から手にいれるんだろう?

庭に流れる川の水を確かめにいった。

 キレイだわぁ

  翌朝発見は遅すぎますが 笑
  これで、顔など洗い、トレイの後も手をあらったりできた。

  ただ、飲む事は 怖くてできませんでしたが



ムードメーカの韓国人の女の子と

 朝日を見ようと約束


山の間からの日の出なので
 そこまで キレイじゃなかったけど


 朝日で光る水面

14 あさひ
15あさひ]


パンゴンレイクは 昨日みたよりも断然美しかった。

午前中の方が、絶対キレイだと思う。

DSC_1115.jpg




16 さようなら]


    さようなら パンゴンレイク


なんだか、急に名残おしくなった。
 キラキラ光るパンゴンレイクを 写真に納めたかったけど、

車は 止まらずパンゴンレクを跡にするのであった 涙 
(止めてと言えない 小心者の私)


また、茶色い世界だけに戻ります


 
パンゴンレイクまでの道

  たまに現れる、茶色の中のみどり



あたしの日常

     カラフルな世界

カラフルと言えば聞こえはいいが。。。

  ごちゃごちゃした世界


ここは シンプルで美しいが

 生きていくには 不便で厳しい

厳しいから より美しいのだろうか


  

  あたしの目に映る、たくさんの色

17 らすと]


オススメのインド映画
最後の舞台はこのパンゴンレイクです⭐️

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/88-087369a2
Listed below are links to weblogs that reference
インド映画にも出てくる パンゴンレイク from バックパッカーに挑戦だい

Home > 1.インド(ラダックとか) > インド映画にも出てくる パンゴンレイク

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。