Home > スポンサー広告 > アムチに診てもらった!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

2010-10-29 Fri 10:49:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

shinobububu URL 2010-11-02 Tue 19:48:13

そうなの 正露丸よりでかく
きっと正露丸よりまずい
 そのドキュメント見たかったなぁ

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/98-9e0c33a2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from バックパッカーに挑戦だい

Home > スポンサー広告 > アムチに診てもらった!!

Home > 1.インド(ラダックとか) > アムチに診てもらった!!

アムチに診てもらった!!

1amuti]

体調が悪くなり病院を聞いた所

病院の場所と
アムチの場所を教えてくれた。

アムチとは簡単に言えば

 チベットの伝統医療
2amuti]

TIPARdにあります。
診療時間9時~1時
英語通じます

3mati]

冷やかしで行った訳ではありません

マクロードガンジ滞在3日目

それは突然夜中にやってきた。

 上、下です。
    所謂、下痢と嘔吐です 


その日から、4日間
下痢はいいのですが
毎日吐いちゃって、しかも食欲がなくあまり食べれない
それでも吐く

って日々を送っているものだから

周りの友人達が心配して
  とうとう病院に行けとなった訳です

血を抜くとか嫌なので

脈で診断するアムチの所に行く事にしました。

私は英語が話せないので、通訳と言う事で
友人達にもついて来てもらった。

一人だったら、行けなかっただろう

  ありがとうございます。



アムチの流れ

マクロードガンジでは
診察室が3部屋

好きな診察室の番号札を取る
4huda]


朝から沢山の人で賑わってます
5mati.jpg


診察の順番は呼ばれないので、自分で前後の人をチェック!!

ラマも多かったですが、日本同様おじいちゃん、おばあちゃんが
多いいので、自分の札を見せて、ニコニコしていれば
皆教えてくれます♪

みんな、ニコニコ優しいですよぉ~
私を見て笑っていた


いざ診察

付き添い含め5人で入りましたが、問題はないです。
てか、知らない人も何故か入ってくる位なので 笑
6sinnsatu]


ピースなんかしていますが、決して冷やかしじゃ~ないですよ

まず、両腕の脈を見てもらい
症状を説明
簡単な質問に答える感じです。

最後に紙に食べては駄目な物を書いてくれました。
その時、次の人も入ってきていて

合計8人位で、その話を聞くと言う
なんだか不思議な光景でした。

 知らない人に 私の診断を聞かれるなんて 笑

外国の人も多いみたいです
アムチの持っているノートに
色んな国の人がいて、見せてくれました


 優しいアムチなので、安心して診てもらえました


ちなみに駄目なもの
ラッシー、チーズ、アイスクリーム、
ミルク(乳製品)、肉(チキン)、オイル
チリ(スパイシーなもの)

と言う事で、私は当分ベジタリアンで
カレーも食べれず、ピザも食べれず、

 トゥクパオンリーです(フルーツはOK頂きました)

※トゥクパ チベット風ラーメン


診察室を出たら、診療料金を払う窓口へ
7madoguti]


そして、薬の窓口飲み方は英語で教えてくれます

正露丸の様な丸玉の薬が、沢山の瓶に分けられ入っていた
薬剤師さんの制服が、清潔感があり綺麗でした
写真撮りたかったけど、そんな雰囲気じゃなかったので
お見せする事はできませんが。。。

 
料金は150Rs(約280円)でした。
 安いよねぇ~
8kusuru]


昼ご飯を終え、飲んでみます。
9kusuru]




 激マズ!!

この正露丸の様な丸球 噛み砕いて水で飲むんだよぉー
苦いと言うより、どくどくの味だ
色んな種類の薬をもらったが、全部同じ味だった

この日の夜は、薬を飲んだ後すぐ吐いちゃって
最悪だった。。。。

体は元気なのですが、吐くのが続くのが辛い
  
  早く直ればいいのだけど

この場をかりて
 いっぱい心配してくれて、色々聞いてくれたあやかちゃん

 おバカな私の為に通訳をしてくれた ゆき君

     本当に有難うございます



ちなみにアムチの事を書いた本を抜粋してみました。
興味のある方どうぞ


病人への責任は基本的に伝統医のアムチが負っている。
ほとんどの村には少なくともひとりのアムチがいるし、
もっと沢山いる所もある。

彼らは村の中でももっとも尊敬される一員で、
その技術はふつう父親や祖父から学ぶのだ。

最近、西洋でかなり注目されているチベット医学

診断法の第一は、脈をとる事だが、
単に物理的な動脈の動きだけでなく、さまざまな器官の機能に
対応したエネルギーの流れも感じ取るのと言う。

アムチは自然のものを調合して使う。
治療薬は、煎じた薬や粉末、丸薬などの形で服用される。

煎じ薬はおもな症状を抑えたり、即効薬として使われる
一方、粉薬と丸薬はもっと穏やかに、不調の潜在的な原因に効き目があるとされている。

アムチは手術は行わない。
何世紀も前、ラダックの第三十八代目の女王が外科医のメスで
不慮の死を遂げたときから 法律で禁止されているのだ。

Comments: 2

2010-10-29 Fri 10:49:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

shinobububu URL 2010-11-02 Tue 19:48:13

そうなの 正露丸よりでかく
きっと正露丸よりまずい
 そのドキュメント見たかったなぁ

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shinobububu2.blog134.fc2.com/tb.php/98-9e0c33a2
Listed below are links to weblogs that reference
アムチに診てもらった!! from バックパッカーに挑戦だい

Home > 1.インド(ラダックとか) > アムチに診てもらった!!

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。